赤ちゃんの衣類は洗濯にコツがいる|体に優しい洗剤を

弱い肌を守るために

服

赤ちゃんは肌が弱いため、新生児期くらいまでは分けて洗濯した方がよいでしょう。洗剤も赤ちゃん用のものが望ましいです。大人の衣類や洗剤は、刺激が強すぎて肌荒れの原因になるためです。特に大人の新品衣類を洗うときは注意が必要となります。

肌に優しい洗剤の利用

レディ

赤ちゃんのお世話をする中で、肌荒れや健康を考えた商品を選ぶことが大切です。赤ちゃんの肌は、とてもデリケートで些細な刺激でもかゆみや赤みを引き起こしてしまうことがあります。また、かゆみを我慢できずに掻きむしって悪化してしまうことも考えられるため注意が必要です。少しでも赤ちゃんの肌を健やかに保つためには、肌に触れる衣類の素材に配慮したり洗濯で使用する洗剤選びにも気を配りましょう。赤ちゃんの衣類と大人の衣類をまとめて洗う人もいますが、赤ちゃんの体質や肌質によっては分けて洗ったほうがいい場合もあります。赤ちゃん専用の洗濯洗剤には、必要最小限の成分しか配合されていません。香料や柔軟成分など、肌に負担になる添加物が含まれていないため、安心して使用することができます。赤ちゃん専用の洗剤で大人用の衣類も一緒に洗濯することができます。コストを抑えることにもつながるため、家族の衣類をまとめて赤ちゃん用洗剤で洗濯する人も少なくありません。ただし、赤ちゃん専用の洗剤には、漂白剤などが含まれていません。そのため、汚ればひどいものはあらかじめ手洗いするか分けて洗うことがおすすめです。赤ちゃん用洗剤の使い方は一般的な洗剤と同じですが、使用量を確認しながら利用するように心がけましょう。デリケートな肌を守り肌荒れなどの炎症を悪化させないためにも、肌質に合った洗剤を用いることが大切です。インターネットやホームセンターでも購入することができます。

肌に優しい洗剤を使用

タオル

赤ちゃんが産まれる前から、着用する衣類の洗濯がスタートします。その時に利用すると安心なのが、赤ちゃん専用の洗剤です。過度な香料や蛍光剤などを使用していないことから、肌の弱い赤ちゃんの衣類にも安心して利用することができます。

分けて洗う必要はあるのか

ベビー

赤ちゃんの服を洗濯する場合、生後1ヶ月くらいは赤ちゃん用洗剤を使って様子をみると良いかもしれません。特に問題がなければ、その後少しずつ大人の物と一緒に洗いましょう。汚れの酷いものを洗う時間が無い時は、とりあえずサッとすすいだり、少量の洗剤を溶かしたバケツに入れておきましょう。