赤ちゃんの衣類は洗濯にコツがいる|体に優しい洗剤を

弱い肌を守るために

服

洗剤の選び方と洗い方

赤ちゃんが産まれると以前とは全く違う生活が始まります。忘れがちですが重要なのが洗濯についてです。赤ちゃんが産まれる前に行う、赤ちゃん衣類の水通しでは、大人の衣類と分けて洗濯する人がほとんどですが、産まれてからも分けて洗濯すべきなのか、分けるのならばいつまで分けるべきなのか気になる人も多くいます。また、赤ちゃん用の洗剤も販売されていますが、そうしたものを使わなければならないのかという点も気になる点の一つです。結論から言うと、新生児期くらいまでは分けて洗うのが望ましいとされています。赤ちゃんの肌は非常にデリケートで、ちょっとした刺激ですぐに荒れてしまいます。大人用の洗剤はより洗浄力が高くなっている分、刺激も強くなっています。また、大人の新品衣類を洗ったときにでるホルムアルデヒドは肌によくない物質なので、赤ちゃんの衣類につくと肌荒れや乳児湿疹の原因となります。そのため、特に肌が弱い新生児期は分けて洗濯するのが望ましいのです。新生児期をすぎれば一緒に洗濯してもたいていは問題ありませんが、気になるときは分けて洗いましょう。新品衣類を洗うときだけでも意識すると違ってきます。また、分けて洗うのならばやはり赤ちゃん用の洗剤がおすすめです。赤ちゃん用の洗剤は、余計な香料や過剰な洗浄力のある成分などが入っておらず、肌に優しくなっているためです。専用の柔軟剤なども売っているため、肌触りが気になる人は専用のものを選べば利用できます。